ワークキャンプの現場から キナシベツ編

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018年キナシベツ夏WC9日目!!

<<   作成日時 : 2018/09/14 01:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

みなさんこんにちは
キナシベツワークキャンプコーディネーターの赤峰です。

ワークキャンプ最終日は古くなった木材の撤去と2018年春のワークキャンプにて作成した看板を設置しました。
また、夜には自然保護セミナーを行いました。

午前中は看板設置する前準備として看板を打ち付ける立て木を製作しました。
立て木制作ではノコギリ、ドリル、ノミなど怪我を引き起こす可能性がある機材が多い中でみんなで声かけてを意識して行いました。

画像


午後は古くなった木材を撤去しながら前回のワークキャンプで制作した看板を設置しました。
木道の整備の前後を写真で比べてみると、今回の私たちのワークキャンプの成果が目に見えてあったことでより達成感をえることができました。

画像


夜からはタンチョウの保護活動を行なっている百瀬さんからのお話を聞くことができました。
希少動物を扱うには地域の住民との連携と理解が必要になり、これからの住民となる若い世代への自然体験学習の重要性を伝えてくれました。
画像


また自然保護セミナーを行いました。
今回のワークキャンプでは様々な方からのお話、活動を通しての経験などから自然保護のあり方を熱く議論することができました。今回の参加者は夢と考えも違いますが、この自然保護セミナーを通してこれからの人生のどこかでこのセミナーを活かして頑張って欲しいです。

月別リンク

2018年キナシベツ夏WC9日目!! ワークキャンプの現場から キナシベツ編/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる