2019春キナシベツWC2日目

2日目の午前はキナシベツ湿原を榊原さんの案内の元、車で1周しました。
これまでのワークキャンプで製作した看板を確認し午後からの看板作成への意識確認となりました。

画像

午後から看板作成が始まり、木材を看板の形に合わせて切り組み合わせました。ペンキ塗りをし看板の下地作りも進めました。
画像


今回のセミナーは松木さんに外来植物の面白い生態についてお話していただきました。
明日からの作業も気を抜かずに頑張りたいと思います。

2019年春キナシベツWCスタートしました

こんばんは!

今回のキナシベツWCでコーディネーターを務める杵渕です。
初日から最大許容人数である13名でスタートしました!

日本大学5名、帝京科学大学3名、酪農学園大学2名、
東京農工大学1名、武蔵大学1名、東京環境工科専門学校1名
と幅広い大学から参加していただいています。

うち10名が1、2年生と若い層が厚く、自然保護活動自体初めての方もいますが、全員で協力しあえる充実したWCにしていけるように努めていきます!

画像


13名もいると釧路へ来る方法も様々で、
全員が集まるには夜までかかりましたが、
釧路野生動物保護センターでの見学をはじめ、
お昼、買い出し、自己紹介とスケジュールを
こなしていきました。

夜にはキナシベツの歴史に関わるお話なども聴き、
今回のワークキャンプのメイン活動である看板作りについての考えを深められました。

画像


さて、明日からいよいよ本格的な作業が始まります。
13名での共同生活に疲れないよう、コミュニケーションを大事にしっかりと作業していきたいと思います!